愛されている自信”それがあなたを輝かせLOVE革命の起爆剤となる =ウーマン魅力学 大阪認定校 = 愛されている自信”それがあなたを輝かせLOVE革命の起爆剤となる =ウーマン魅力学 大阪認定校 =

ウーマン魅力学®︎とは

豊富な症例数と実績から生まれた
メソドロジーこそ、ウーマン魅力学®。
時代の大きな変化にある今、
結婚、妻、母の役割においての
既存の考え方や固定観念を見直しが
必要になってきています。

女性としての商品価値を磨き、
結婚相手を射止めても、
自分の気持ちを偽り、
我慢に耐える夫婦の関係も、日々の生活も、
理想を押し付けてしまう子育も、
好きではない仕事を続けても、
だれも幸せにはなりません。

ウーマン魅力学®メソドロジーでは、
恋愛、結婚を、土台から3つのステップで幸せへの変革を行います。
1. Unlean (自分らしさを軸に、価値観や結婚観の呪縛から解放する)
2. Confidence (等身大の自分の価値を知り自分を信じる筋力を鍛えます)
3. Love Connection (愛の真髄を知り、連帯感、支え合い、信頼でつながる関係力を磨きます)

これからは、自分の生き方が、
パートナーシップや働き方を作り出す時代。
自分自身がなによりも充実して生きているからこそ、
夫婦のパートナーシップも、子育も、
こころから楽しめるようになるのです。

だからこそ、
“結婚して幸せになる女性の生き方”を体系的に学べるメソドロジー を伝えたいのです。

クラスの説明

ウーマン魅力学® ディプロマコースでは、
step-by-stepで学んでいきます。
ディプロマコースは、将来ディプロマを使ってお仕事をする否かに関係なく受講可能です。
それぞれのコースの参加費は、各クラス名のアイコンをクリックするとご覧になれます。

【ディプロマ取得不要の方】

Basic Classから、お申し込みください。
Basic+Advance Classのセット割引を利用してお申込み可能です。
※ Basic Classをスキップして、Advance Classを学ぶことはできません。

Basic Classから、お申し込みください。
Basic+Advance Classのセット割引を利用してお申込み可能です。
※ Basic Classをスキップして、Advance Classを学ぶことはできません。

【ディプロマ取得希望の方】

Basic Class + Advance Classを同時にお申し込みください。
メソドロジーを体系的に全部学べる本格的なコースです。
※ 卒業後は、Masterコースに進み学びを深められます。
※ 気軽に継続的に学べるプロ科(勉強会)に参加できます。
※ 読書会、単発セミナー、長期講座の開催も可能です。
※ ウーマン魅力学卒業生の講座を受講した方、恋愛結婚講座生は個別にご相談下さい。

Basic Class + Advance Classを同時にお申し込みください。
メソドロジーを体系的に全部学べる本格的なコースです。
※ 卒業後は、Masterコースに進み学びを深められます。
※ 気軽に継続的に学べるプロ科(勉強会)に参加できます。
※ 読書会、単発セミナー、長期講座の開催も可能です。
※ ウーマン魅力学卒業生の講座を受講した方、恋愛結婚講座生は個別にご相談下さい。

【対象者】 これから結婚を考えたい、付き合っている彼と結婚がしたい、
レスを解消したい、夫婦関係を改善したい、離婚の危機を乗り越えたいなど、
どんなステージの方でも受講可能です。

生徒たちの声

ウーマン魅力学® ディプロマコースで学んだ人たちの多くが、1年以内に人生を好転させています。
「ウーマン魅力学®を受講したおかげで、毎日の生活にストレスを感じなくなり、
幸せいっぱいな人生になりました。こんなに簡単に変われるなら、もっと早く受講したかった!!」
という声が後を絶ちません。

message

あなたの人生をプロデュースします!

ウーマン魅力学養成講座を講授することになりました。とても幸せです!

カウンセラーを目指す受講生が多く、ウーマン魅力学養成講座でカウンセラーを輩出していきたいと願っていました。
女性の苦悩が消えさり内面、外面が幸せに輝き、男性、子供、動物、自然を幸せにする愛が溢れ出します。

ヒロコ・グレース先生に出会えたこと、ウーマン魅力学の素晴らしさに気づいた自分を誇りに思います。ウーマン魅力学は愛する技術、愛される技術が日本一だと思っています!(世界一かもしれませんが。)
心の書き換え、パートナシップがハイレベルです!

人は人と比較することで自分を深く傷つけ、人と比較して大切なパートナー、あらゆるものを深く傷つけてしまいます。大切なパートナーと幸せになるために生まれたのに、なかなか幸せになれません。それよりも苦悩が増していきます。

そして、幸せになるために思い悩み、自分探しをすることになります。
ですが、解決策はとてもかんたん。ウーマン魅力学に全てあります。

自分が見つかり、大切なパートナーと幸せになる方法を知り、パートナーと幸せになる人生を手にします。

どんな生まれでも、何歳からでも、どんな自分でも人生を変えることができます。パートナーとハイレベルな愛情で誠実と信頼の関係を築き、好きなことで幸せになる最高な人生に生まれ変わります!

BASIC CLASS で学ぶこと

ウーマン魅力学®では、生まれてから現在までの全経験を教材として、
自分の内面と向き合い、一番身近な親子関係を振り返りながら
“愛とは何か”を知り、愛する技術について学びを深めていきます。
同時に、うまくいかない思考癖、捉え方の癖、コミュニケーション癖、
行動癖を徹底的に見直しながら、自分らしさ、自分軸、自分を肯定する力、
自分を愛する力をつけていきます。

今ある固定概念や常識を覆すほどの新しい考え方や視野を取り入れ、
新しい世界に触れた時、不可能が可能に、妥協が実現に変わり始めるのです。

自分の中にしっかり土台が構築されれば、本当の自分らしさを取り戻し、
自分を一番信頼できるようになるでしょう。

さらに、男性を理解する多角的視点と理解力を学びながら、
男性の“意識”ではなく、“無意識”に働きかける、心を通わせて
“愛され妻”になれる習慣を身につけていきます。
土台があるからこそ、小手先のテクニックに陥らない知識になるのです。

あなた自身が変われば、恋愛関係も、夫婦関係も変わります。
そして、女性であるあなたが変われば変わるほど、
男性も影響を受けて変わります。
飾らない自分のままでいられること。

愛され続け尊敬されるパートナーシップ

彼からの愛を受け取り、あなたからの愛も自然に彼に注げるようになることで、
相手は心をぐっと開き、二人の心が通い出します。
「こんなに素敵な女性は彼女しかいない」と、
彼にとって代替不可能な女性へと成長していきます。

人生において最も大切な結婚相手との関係構築の方法や、
何年たっても愛し合うための知識やノウハウがあります。

どんなステージでも、どんなタイミングでも、
パートナーと互いに尊敬し合いながら長く愛を育むために、
知っておいて欲しい秘訣を、ここでだけ、伝授いたします。

今、あなたが好きでもない仕事についているのなら、
結婚願望はあるのに出会いがないのなら、
打算的に、損得勘定で彼を選んでいるのなら、
別れた方がいいと思いながら関係を続けているのなら、
彼がなかなか結婚に踏み切ってくれないなら、
夫との関係がギクシャクしているのなら、
人生の何もかもが思い通りにならないと感じているのなら、

ウーマン魅力学®メソドロジーが、多角的にお役に立ちます。

お申し込み

キャンセルポリシー

必ずご一読の上お申し込みください。
・お申し込み頂いてから一定の期間内(8日間)は、クーリングオフ制度の適応がございます。
・中途解約制度につきましては、以下をご参照ください。
特定商取引法に基づく表示&プライバシーポリシー

ご利用規約

本件サイトは、「サービス利用規約」に承諾いただいた方にのみ提供させていただくサービスです。
従いまして、利用者の方は、本件サイトを利用することで
下記の「サービス利用規約」に承諾していただいたこととみなさせていただきますのでご注意ください。

第1章 総則

第1条(定義)
この「サービス利用規約」(以下「本規約」といいます)の中で使用される用語の定義は、以下のとおりとします。
  • 1 「本サービス」当社が運営する本件サイトにおいて提供する各種の役務。
  • 2 「利用者」本規約に承諾いただいた方で、当社が本規約に基づき本サービスの利用を認めた方をいいます。
第2条(本規約の範囲)
  • 1 本規約の他に当社が別途定め、本サービスの各ページ上に掲載する細則及び第4条の通知(以下、併せて「利用細則等」といいます。)は、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。
  • 2 本規約と利用細則等が異なる場合は、利用細則等の定めが優先して適用されるものとします。
  • 3 利用者は、本サービスの各ページ上に掲載されている本規約及び利用細則等の内容に同意いただいた上で、本サービスを利用するものとします。
第3条(本規約の変更)
  • 1 当社は、任意に本規約及び利用細則等を変更することができ、利用者は、予めこれを承諾するものとします。
  • 2 変更後の本規約及び利用細則等については、利用者が閲覧したか否かを問わず、本件サイトに表示した時点より、効力を生ずるものとします。ただし、当該効力の発生時期について、当社が別途定めを置いた場合はこの限りではありません。
第4条(当社からの通知)
  • 1 当社は、本件サイトへの掲載その他当社が適当と判断する方法により、利用者に対し随時必要な事項を通知します。
  • 2 前項の通知は、利用者が受領したか否かを問わず、当社が当該通知の内容を本件サイトに掲載した時点で、利用者に到達したものとみなします。
第5条(著作権等)
  • 1 当社または当社が提携する提供元からのコンテンツに関する著作権をはじめとする全ての知的財産権については、当社またはコンテンツ提供元に帰属します。
  • 2 本件サイト上にあるコンテンツ(映像、画像、文章など)は個人による私的利用に用途を限って提供されています。従って、コンテンツの全部、または一部を、有償・無償に拘わらず,当社の書面による事前の承認を得ず、複製・貸与・公衆送信・上映等を行うことを禁止します。無断でこのような行為をなさった場合は、著作権法違反になる場合がありますのでご注意ください。許可申請送付先は〒106-0032東京都港区六本木6-2-31六本木ヒルズノースタワー17階 Grace & Co. Japan 株式会社とします。
  • 3 当社や本件サイトを通じて募集した企画等についての、意匠権、著作権その他の知的財産権は、すべて当社に帰属するものとします。
第6条(本サービスの利用にあたって)
本サービスの利用にあたって必要な端末・環境等については、インターネット環境が必要です。本サービスの利用にあたっては、これらの必要な端末・環境等を備えていることを確認していただく必要があります。
第7条(利用料金について)
当社は、本件サイト内の無償でご利用いただけるサービス部分について、予告なく一部有償に変更することがあり、利用者は、予め承諾するものとします。この場合、本件サイトにその旨を表示します。

第2章 禁止事項等

第8条(禁止事項)
利用者は、以下の各号に定める行為を行ってはなりません。
  • 1 本サービスの利用に係る権利または義務を第三者に移転または譲渡する行為。
  • 2 許可が明示されていない本サービスの内容を当社に無断で転載・複製・修正・蓄積または転送する行為。
  • 3 他の利用者、第三者もしくは当社の著作権又はその他の権利を侵害し、又は侵害するおそれのある一切の行為。
  • 2 他の利用者、第三者もしくは当社の財産又はプライバシーを侵害し、又は侵害するおそれのある一切の行為。
  • 3 前各号の他、他の利用者、第三者もしくは当社に不利益又は損害を与え、又は損害を与えるおそれのある一切の行為。
  • 4 他の利用者、第三者もしくは当社に対し、誹謗中傷、ハラスメント、ストーカー行為、脅迫等を行い、その法的権利を侵害する行為。
  • 5 公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為、もしくは公序良俗に反する情報を他の利用者又は第三者に提供する行為。
  • 6 法令に違反する行為または犯罪もしくは犯罪に結び付く行為またはそのおそれのある行為。
  • 7 選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為および性風俗、宗教、政治に関する活動。
  • 8 本件サイトを通じて、又は本件サイトに関連して、営利を目的とする行為、又はその準備を目的とする行為(当社および当社と提携した法人その他の団体を除く)。
  • 9 コンピュータウィルス等の有害なプログラム及びデータを、本件サイトを通じて、又は本件サイトに関連して使用し、もしくは提供する行為。
  • 10 当社が指定した方法以外の方法によって、本件サイトを利用する行為。
  • 11 他者になりすまして本サービスを利用する行為。
  • 12 当社が認める方法以外の方法で、本サービスに関連するデータのリンクを、他のデータ等へ張る行為。
  • 13 当社の利用するコンピュータに保存されているデータへの不正なアクセス、又はこれを破壊もしくは破壊するおそれのある行為。
  • 14 本サービスの運営を妨害する行為。
  • 15 上記各号の他、当社が不適切と判断する行為。
第9条(書き込み等)
  • 1 利用者は、本件サイト内の各種サービスにおいて、情報掲示板への書き込み等における発言その他不特定多数人が認識することのできる状況にて行為を行った場合、当該発言等につき、当社及びその関連会社に対し、無償かつ無期限で複製、翻訳及び要約等の翻案並びに販売、頒布及び自動公衆送信(送信可能化を含みます。)することができる権利を許諾するものとし、且つ、当該発言等につき著作者人格権を行使しないものとします。
  • 2 利用者が前条の規定に違反して、書き込みおよび発言等の行為を行った場合、又は当社が本件サイトを運営する上で利用者の書き込みおよび発言が不適切であると認めた場合、当社は事前または事後の通知をすることなく、当該発言等を保存、管理もしくは削除し、または第三者に開示もしくは提供することができることとします。この場合、利用者は当社の措置に一切異議を述べないものとします。但し、当社は、本項の措置をもって、利用者の書き込みおよび発言を監督する義務を負うものではないことを確認します。
第10条(会員ID及びパスワードの管理責任)
本サービス利用にあたり付与されたパスワードその他の会員ID情報(以下「会員ID」といいます)を、自己の責任において管理し自らこれを使用するものとし、故意または過失を問わず、会員IDが第三者に漏洩したことに起因する不正アクセスによる被害を含めたすべてのトラブル、損害に関して、当社は一切の責任を負わないものとします。
第11条(本規約違反等への対処)
  • 1 当社は、利用者が本規約に違反した場合、利用者による本サービスの利用に関し他者からクレーム・請求等がなされ、かつ当社が必要と認めた場合、又はその他の理由で本サービスの運営上不適当と判断した場合は、当該利用者に対し、次の各号のいずれか又はこれらを組み合わせた措置を講ずることがあります。
  • (1) 本規約に違反する行為を止めるよう通知すること。
  • (2) 本規約に違反する行為を阻止するのに必要な合理的措置をとること。
  • (3) 他者との間で、クレーム・請求等の解消のための協議を行うようを請求すること。
  • (4) 事前に通知した上で、本サービスの利用を停止すること。但し、当社が緊急を要すると判断したときは、事後に通知するものとします。
  • 2 利用者は、前項の規定によって、当社が、前項に定める措置を講ずべき義務を負うものではないことを承諾します。また、利用者は、当社が前項各号に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因する結果に関し、当社に対し、いかなる異議も申し立てないものとします。
  • 3 利用者が、本件サイトの利用に伴い、本規約に違反する等の行為により当社または第三者に損害を与えた場合、当該損害を賠償するものとします。
  • 4 前項により当社が損害を被った場合、利用者は損害が発生した日から、年14%の割合に基づく遅延損害金を支払わなければならないものとします。

第3章 個人情報保護

第12条(個人情報の収集目的)
当社では、本サービスの一部をご利用いただくにあたって、利用者に連絡先、氏名等の個人情報を登録していただく場合があります。ご登録いただいた利用者の個人情報は、各サービスをご利用いただく際に明示する利用目的の範囲内で取り扱い、厳重に管理します。
第13条(個人情報の利用)
  • 1 当社は、利用者によって入力された利用者の個人情報(以下「個人情報」といいます)を別途本件サイト上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき適切に取扱うものとします。
  • 2 当社は、利用者が登録した個人情報を、機密保持契約を結んだ協力企業以外に個人情報を開示することはありません。ただし、次の各号の場合はこの限りではないものとします。
  • (1) 当社からのお知らせの電子メールやDMその他の情報の送付等の場合。
  • (2) 当社が個別のサービスを提供するために使用する場合。
  • (3) 個人情報を統計的に集計・分析し、個人を識別、特定できない形態に加工した統計データを作成する場合。
  • (4) 会員および公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合。
  • (5) 法令の規定による場合。
  • (6) 利用者の同意を得た場合。
  • (7) その他、本サービスの運営に合理的に必要な場合。

第4章 本サービスの停止

第14条(本サービスの停止)
  • 1 当社は、以下の各号のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的又は永久に、本サービスの全部又は一部の提供を停止することがあります。
  • (1) 本サービス用設備等のシステム拡張、メンテナンス、その他システムを提供するにあたり必要な事由によりシステムやサーバ等のセンター設備の一部もしくは全部を停止させる場合。
  • (2) 本サービス用設備等の保守上または工事上やむを得ない場合。
  • (3) 本サービス用設備等の故障により保守を行う場合。
  • (4) 天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生するおそれがある場合。
  • (5) 本サービス用設備等の障害、故障により保守を行う場合。
  • (6) 運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合。
  • (8) その他、当社が本サービスの提供の全部または一部を中断することが望ましいと判断した場合。
  • 2 当社は、前項各号のいずれか、又はその他の事由により本サービスの提供が遅延又は停止した場合であっても、当該遅延又は停止に起因する利用者が被った損害について一切責任を負わないものとします。

準拠法、所轄裁判所について

第15条(専属的合意管轄裁判所)
利用者と当社の間で本規約に関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第16条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。
申し込みはこちら